北島会計グループは、よりよい社会の実現に向けて国際社会 が2030年までに達成を目指す持続可能な開発目標(SDGs)に 対し、次の活動を通じて『共生ビジョン』の世界実現に貢献 していきます。 詳しくはこちら

事業復活支援金申請サポート

事業復活支援金申請サポート

北島会計では、中小法人や個人事業主、フリーランスの皆さまの事業復活支援金への申請支援・代行を承っております。

目次

事業復活支援金


新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた中小法人や個人事業主、フリーランスに対して、事業の継続・回復を支援するための給付金が一括給付されます。

公式ホームページはこちらからご覧いただけます。

給付対象者


中堅企業・中小企業・小規模事業者・フリーランスを含む個人事業主・その他各種法人等で、以下の要件を満たす事業者

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大や長期化に伴う需要の減少、または供給の制約により大きな影響を受けている事業者
  • 上記の影響を受けたことにより、2021年11月~2022年3月のいずれかの月(対象月)の売上高が、2018年11月~2021年3月の間の任意の同じ月(基準月)の売上高と比較して50%以上または30%以上50%未満減少した事業者

過去に一時支援金または月次支援金を受給された方は申請が簡単になっています。

給付額


基準期間(※1)の売上高 – 対象月の売上高×5ヵ月分
(※1)基準期間とは、2018年11月~2019年3月、2019年11月~2020年3月、2020年11月~2021年3月のいずれかの基準月を含む期間のこと

また、給付の上限額は以下の表のとおりです。

事業復活支援金給付上限額表

(※2)基準月(2018年11月~2021年3月の間で売上高の比較に用いた月)を含む事業年度の年間売上高のこと。

申請期間


2022年1月31日(月)~5月31日(火)
※弊所では顧問先以外のお客様の申請につきまして2022年3月14日(月)以降の開始にてお願いしております。

必要書類

  1. 履歴事項全部証明書(法人の場合)、顔写真付き身分証明書(個人事業主の場合)
  2. 2019年度、2020年度及び選択する基準期間を全て含む確定申告書類の控え(収受日付印の付いたもの)
    ※e-Taxを通じて申告を行っている場合、これらに相当するものを提出
  3. 対象月(売上減少となった月)の売上台帳の写し
  4. 振込先の通帳の写し(表紙と見開き1・2ページ)
  5. 法人代表者または個人事業者本人が自署した宣誓・同意書
  6. 基準月の売上台帳の写し
  7. 基準月の売上にかかる1取引分の請求書または領収書等
  8. 基準月の売上にかかる通帳の写し(取引が確認できるページ)

⑥~⑧については過去に一時支援金または月次支援金を受給された方、登録確認機関と「継続支援関係」に当たる方は不要です。

「継続支援機関」とは、商工会等の会員、税理士等の顧問、金融機関の事業性投融資先登録確認機関の反復継続した支援先になります(弊所も登録確認機関でございます!)。

料金(全て税込表記)

顧問先のお客様

事前確認

弊所の貴社担当者にお問合わせ下さい

申請代行

弊所の貴社担当者にお問合わせ下さい(33,000円~)

初めてのお客様(3月14日以降受付開始)

事前確認

事前確認に必要な書類が全て揃っている前提となります。

個人事業主・フリーランス等

22,000円

法人

33,000円

申請代行

成功報酬として給付額の10%(55,000円~)(※3)

(※3)顧問契約をいただけるお客様については、申請代行報酬を通常10%のところ5%(33,000円~)に割引させていただきます。

事業復活支援金の申請は北島会計へお任せください
北島綜合会計事務所は事業復活支援金の登録確認機関です。
支援金申請にあたり登録確認機関をお探しの方は下記お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。


お問合せ

ご氏名をご入力ください
ご記入いただきました、メールアドレスにご連絡させていただきます。
ご連絡のつくお電話番号をご入力ください。
貴社名をご記入ください。

03−3995−3661

受付時間:月〜金 9:00〜18:00

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる